不動産に関して悩むなら杉山商事に駆け込むべし|信頼できるサービス

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

家を売りたい時

コイン

不動産会社の予備知識

家を売りたい時に気になる事、それは不動産査定ですよね。もっと高く売るには、予備知識を知り後で後悔しないようにする事が肝心です。不動産査定時に把握しておきたい事をいくつかまとめましたので耳にしてください。基本的には不動産会社に家を売る時依頼します。この時注意しなければならないのは、不動産会社の立場として査定額を決め家探しをする買主へ売り出し価格を決める為にすぎないということです。また売り上げアップだけを考えて、建物そのものの築年数や劣化等を無視して査定価格を本来の価値よりも売主側へ安値で提供するので注意が必要です。また不動産会社から不動産会社へと家を売り渡す媒介契約してから、買主側へ安く提供する不動産会社もあるので注意が必要です。

自分のお家を実際に見る

不動産査定時に「売り出し側の査定価格」と「買主側への売り出し価格」について覚えておきましょう。不動産会社から見て、買主側の家のある近隣物件の競合状況についてです。不動産会社は様々あり、また物件も様々あります。当然売り出し価格もバラバラだという事です。なので依頼する前に、本屋さんだけでなくスーパーやコンビニに置いてある情報誌を実際に手にして読んでみたり不動産比較サイト等ウエブ上に掲載している検索サイトを時間を置いて検索してみたりするのも重要です。売りたい家そのものを個別に考える事も必要です。家を建ててから経過した築年数や外壁のペンキ剥がれ等の自然劣化を不動産査定する前に自分の目で調べておくことが大切です。